薬のケース

ED治療は元より、男女の性交渉の刺激として「バイアグラ」を利用することは可能です。
バイアグラと言えば「勃起しない人が強制的に勃起させるために使う薬」という認識が一般的ですが、必ずしも勃起不全の症状がある人しか使用できないと言う訳ではありません。
その効果によって「ペニス増大効果」にも一定の期待が持てると言う理由や、パートナーとのセックスライフを充実させる目的で使用されることもあります。

男性用・女性用で区別されている場合があるものの、「男女兼用で利用出来るバイアグラ」を使用することで通常よりも充実したセックスを行えるようになると言った効果が期待できることから、特に男性機能が衰え始めている熟年夫婦にとっては非常に重宝されています。

もし、男性が「ED」を理由にパートナーとの性交渉に消極的になってしまった場合、そのままセックスレスになる可能性が高くなります。
現状、パートナーとの関係を破たんさせてしまう大きな要因となるセックスレスは、離婚に繋がることも多い非常に重大な問題です。
男女ともに積極的にセックスに臨める環境が無ければ解決することが難しい以上、「共通認識の下でセックスに対する認識を改める」という意味では非常に大きな効果が期待できる方法です。

仮にED気味であったとしても、バイアグラを使用することで「いつも以上に元気な状態」を意識して気に維持することが出来る様になります。
男性にとっては自尊心を回復させる要因となりますし、女性にとってもパートナーへの信頼を回復させる良い効果が期待できます。
バイアグラに頼ることなく解決できればそれに越したことはありませんが、もしも悩みが解消できない場合は「起爆剤」として用いることは検討の余地があります。