• ホーム
  • 不整脈も原因となるセックスレスは女医のいる病院で

不整脈も原因となるセックスレスは女医のいる病院で

悲しいカップル

夫婦の関係や恋人同士のといったカップルの関係を親密なものとするには、言葉によるコミュニケーションももちろん大事ではありますが、セックスによってお互いに性的な満足感を与え合うこともまた、重要な要素だと言えるでしょう。
しかしカップルの中には、長い間性的な関係を持つことがなくなっている、セックスレスに陥っている人たちも少なくありません。
セックスをしなくても心の深いところでつながっていると感じられるといったように、お互いにそれでも満足しているカップルであれば、セックスレスでも問題ないと言えるかも知れません。
しかしどちらか一方、または二人ともが、本当はセックスを望んでいるのにもかかわらず、何らかの理由でセックスレスになってしまっているカップルは、何らかの対策を考える方が良いでしょう。
セックスレスの原因の代表的なものの一つに、男性の勃起不全(ED)があります。
このEDが生じる原因には、トラウマなどが関係する心理的なものがよく知られていますが、肉体的な原因にも色々なものが考えられます。
その例として挙げられるのが不整脈です。
EDと不整脈の間には、一見すると関連が無いように思われるかも知れませんが、勃起はペニスに大量の血液を送ることによるものなので、不整脈の人にEDが生じる可能性もあるのです。
この場合に厄介なのは、EDの治療に使われる薬の中には、不整脈の治療薬との相性が悪いものがあるということです。
なのでEDの治療薬を使用してセックスレスの改善を図りたいなら、自分の判断で購入するのではなく、しかるべき医療機関を受診することが肝心です。
またセックスレスの相談の場合には、パートナーの女性にも同伴してもらった方が良いと言えます。
そのため女性が相談しやすいという点からすると、女医のいる病院を選ぶ方が望ましいと言えるでしょう。

人気記事一覧
サイト内検索